PAGE TOP

CX−7マツダ CX−7専門サイト!  サイトマップ

 

マツダ CX−7 値引き交渉終盤編

中盤編でCX−7から限界付近の値引き条件、又はまずまずの値引き額を引き出せたら、他車との競合からCX−7同士の競合に切り替えます。

 

CX−7同士の競合

これまで他車との競合をしてきましたが、CX−7から限界付近あるいはまずまずの値引きを引き出せたら、さらに値引きの上乗せを獲得するために、CX−7同士の競合に切り替えます。

一例ですが、「実は本命はヴァンガードでしたが、妻の勧めもあってCX−7にしてもいいかなと思っています。でもヴァンガードを諦める代わりに、納得できる条件で契約したいので、申し訳ないですが他のマツダでも話を聞いてきました。向こうは店長さんも出てきて総額○○万円を提示してきました。契約を迫られましたが、こちらとの約束があったので今は返事を待ってもらってる状態です。」

「購入後のことを考えると家からも近いし、営業さんの人柄も重要なので出来れば○○さんの所でCX−7を買いたいと思います。総支払額○○万円にしてくれて、○○をサービスで付けてくれたらこの場で契約します。」などとこちらの最終条件を提示します。

 

ハンコを捺す前の最後の一押し

CX−7購入の最後の条件を提示する時に、多少無理目な金額を要求する手もあります。

ディーラーの提示額が360万円で総額350万円が希望額なら、それよりも低めで「340万円になれば契約します」などと言ってみると良いでしょう。

そこで「それでやります」や「間を取って350でどうですか?」となれば目標達成ですが、「355万が目一杯です」とか「代わりに○○をサービスしますので、これで決めてください」などと何らかの妥協案を提示してくる事もあります。

もちろんそれで納得してはいけません。「ではETCを無料で付けてください」「サービスでボディコーティングをしてください」などと自分で納得できる無料サービスを要求すると良いでしょう。

すでに金額的にギリギリの条件のようなら、数万円程度のオプションサービスやオプション割引きが通りやすいでしょう。

他にも端数のカットや納車時のガソリン満タン、車庫証明費用・納車費用などの手数料カット、購入後のオイル交換サービスなどを付け加えてみるのも良いでしょう。

そして自分の納得できる条件が出れば、CX−7の契約となります。

 

下取り車がある場合は

下取り車がある場合は、最後の最後で査定額がさらにアップする可能性があります。その方法は愛車を最も高値で売る方法とは?で紹介していますので、合わせてご参考下さい。


車の口コミ・評価サイトへ戻る
マツダ CX−7の口コミはこちら↓
CX−7新車値引き交渉編
下取り車を高く売る!
CX−7値引き交渉短期決戦!
役立つ!ビアンテ値引きデータ
CX−7の中古車を買う!
CX−7購入後は?

 

PR  
 

Copyright c2009-2014 マツダ CX−7専門サイト! All Rights Reserved